1. TOP
  2. SNSに残っている学生時代の消し去りたい振り切ったファッション黒歴史~パンクロックヘアーにストリート系の服で恥ずかしいほどアンバランス!

SNSに残っている学生時代の消し去りたい振り切ったファッション黒歴史~パンクロックヘアーにストリート系の服で恥ずかしいほどアンバランス!

黒歴史

現在は会社員をしており、毎日スーツで仕事をしていますが、ファッションには若いころから興味があり、ファッション雑誌をよく読んでいました。

最近は社会人ということもあり大人っぽい服装でおしゃれを楽しんでいますが、昔は思い出すのも恥ずかしいくらい、おしゃれをはき違えた振り切ったファッションをしていました。

あれは僕が大学一年生の頃の話です。高校を卒業して大学に入り、いろいろな規制がなくなり、頭まで緩くなった僕は、とりあえずまず髪を染めることにしました。

ただ金髪にしてもつまらないので、何とか目立ってやろうと思い、真ん中から半分だけを金髪にしました。ロックです。パンクです。

でも僕が当時好きだったファッションはストリート系ファッションでした。頭はパンクロックバンドのギターみたいなのに、ファッションは完全にヒップホップでした。

このアンバランスは想像以上でした。その頃は大学で規制が緩い生活をしていて、頭まで緩くなっていました。今でもあの頃の写真を見ると本当にやめてくれと思います。

SNSに昔の僕の写真なんかがまだ残っていて、友達みんなに一人ずつ連絡して、その頃の画像を全部消してもらおうかとも思いました。さすがにそれは申し訳ないのでやっていませんが。

それと、この格好にしてもう一つ困ったことがありました。それは、街にでるとやけに喧嘩を売られるということです。

とりあえず見た目は頑張っていて、顔は子供。これは相当イラっとしたのでしょうかね。

黒いセダンに乗った怖い人が窓を開けてこっちへ来いと手招きしているのでそれに従うと、『なにこっちみてんだよ。文句あるか』といわれ、時には酔っぱらったおにーさんに顔がむかつくといわれいきなり殴られたこともあります。

これは髪型のせいだとだいぶたってから気づきました。髪を黒くして短髪にしたところ、喧嘩を売られることは一度もなくなりました。

大学の周りの女友達もそっちのほうがいいよ絶対!と口をそろえて言っていましたね。もっと早くいってほしかったです。

あの髪型で恥をさらし続けていたんですね。ストリートファッションはストリートファッションでも、髪型一つで印象がかなり変わるのですね。その時僕は髪型がファッションの一部だということを知りました。

僕は現在就職して会社員として働いているので、今後髪を染めるどころか、一生黒髪短髪で過ごすのでしょう。ぜんぜんそれでいいと思っています。

大学生の頃の黒歴史はそれはそれは忌まわしいものですが、今思えばあの失敗をしていたからこそ、黒髪短髪が一番いいと思えています。

ストリートファッションも30歳になっても続けていたらラッパーかよお前(笑)ってなるし、逆にあの頃しかできないことだったのでよかったのかもしれません。

人生を後悔しないようになんでも挑戦してみようみたいなことをよく言いますが、ファッションも同じだと思いますね。なんでも挑戦してみたからよかったことと悪かったことの区別がつくようになったし、今はなんの悔いもありません。

北海道にお住まいの20代男性の方からいただいた大学生時代の突き抜けたファッションについての実体験でした。
スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ビッグマウスの注目記事を受け取ろう

黒歴史

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビッグマウスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【男の長髪】髪の毛が腰まで伸びていた友人の彼氏にドン引きしたわ!【大嫌い】

  • 別れた主人のファッションセンスが激変!インテリ系に変貌したその理由って何!?

  • 微妙・絶妙?パンツの丈は感覚の問題か?

  • 磨けば光るはずのイケメン彼の衝撃ファッション。

  • センスなし、お金なし、運もなし、若い日のファッション失敗談

  • 「兄ちゃん、完全に方向性を見失っとるな」と妹から指摘されたファッションとは!?