1. TOP
  2. お洒落・ファッション
  3. 今思い出しても恥ずかしい高校生の時の私服での初デート~男のオシャレの失敗談

今思い出しても恥ずかしい高校生の時の私服での初デート~男のオシャレの失敗談

高校生時代

10年前の高校生の頃の話です。

私が住んできた地域は田舎で、都会と比べるとおしゃれなアパレルショップなどはなく量販店や市内のショッピングモールで買い物を済ます人がほとんどでした。

自分の通っていた高校は学生服で校則も厳しかったので私服を披露するのは週末や学校が休みの日だけです。

ある日、女の子から告白されて人生で初めて彼女ができ、早速週末にデートに行くことになりました。平日は学校帰りに一緒に帰ったり仲良くしていたのですが、私服でデートしたのはその日が初めてです。場所は市内のジャスコで地元ではその時一番おしゃれなスポットだったと思います。

僕は今思い出しても恥ずかしいのですが上下、デニムっぽいダボダボの作業着のような洋服を着てデートに向かったのです。

当時、田舎の地元では細くてピチッとしたファッションは「軟弱に見られてダサい」みたいな風潮があり、男の子はストリート系のダボっとしたパンツやトレーナーが流行っていました。

僕はそれがダサいという事も気付かず、量販店で買った作業着風セットアップにメッシュの帽子をかぶってデートに行きました。

待ち合わせ場所に到着すると、彼女はシンプルな黒のニットにスカートというとてもモノトーンで可愛いらしいファッションで僕を待ってくれました。

その時、彼女に対して「可愛いな?」と思うよりも恥ずかしさや羞恥心といった感情が湧きあがってきました。

彼女は自分が住んでいる他のエリアの中学校から来た生徒なのですが、その地域の生徒はもともと可愛い子やおしゃれな子が多いと評判でした。

自分のダサさと彼女のおしゃれさ上級さを比べてしまい、すごく落胆したのを覚えています。

スポンサードリンク

デートの最中、彼女は自分の服装には何も文句も言わずいつも通り笑顔で優しく接してくれましたが、「内心どう思っているんだろう」と不安で仕方が無かったです。

今考えると田舎とはいえ、よくあの格好でショッピングモールを歩けたなと後悔の念がつきません。

恥ずかしい思いをした自分はそれから、ダボダボのファッションとは縁を切り、どういう服装がおしゃれで恥をかかないのか研究するようになりました。雑誌を読んだり、兄やおしゃれな先輩の服装を真似したりする事で、少しずつまともなファッションに変わる事が出来たのです。

1年後くらいに彼女とは別れてしまいましたが、自分のダサい格好に気づかせてくれ、変わるキッカケを作ってくれた彼女に感謝しています。

今考えると、おしゃれに全く気を使わないユニクロや既製品ばかり着る人より、中途半端におしゃれを頑張っている人の方がはるかにダサく感じるのですが、
自分がまさにそれに当てはまっていて恥ずかしくてたまりません。

しかし、おしゃれは背伸びをする事から始まるものです。どんなにおしゃれな人でも過去に失敗談はあると思うし、「今考えるとあの時の格好ダサいし、ありえない」と言っている人を何人も見かけました。失敗する事で少しずつ身の丈にあった、シンプルなファッションに成長していくと思うのです。

最初からおしゃれな人はほとんど居ないので、これからファッションに興味を持つ人はまず雑誌などをたくさん読んだり、TVや雑誌、街中などのおしゃれな人を観察してください。経験値を積み、自分の体型やキャラクターに合う洋服を買って、理想のファッションに近づけるよう努力して欲しいと思います。

現在は東京都在住で会社員をされている20代の男性からいただいた、今から10年前ほど前の高校生の頃のエピソードでした。
スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ビッグマウスの注目記事を受け取ろう

高校生時代

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビッグマウスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【女子目線】真冬以外いつでも短パンを履いている男性は残念!【女はそれを我慢できない!】

  • 私の友人の結婚式でやらかして恥をかかせた、ズレたおしゃれの価値観を持つ旦那が許せない!

  • ハードロッカーにはなれなかった私の体験談

  • ヘアワックスのつけ方~高級美容室で教わったスタイリングのやり方

  • 「男性の独特なファションには引きます」~顔よし仕事エリート家柄よし長男じゃない性格よしの男でも女にフラれた理由

  • 「兄ちゃん、完全に方向性を見失っとるな」と妹から指摘されたファッションとは!?