1. TOP
  2. お洒落・ファッション
  3. 初デートで彼女の反応が悪すぎる!フラれた原因とは?

初デートで彼女の反応が悪すぎる!フラれた原因とは?

フラれる

私が生まれて初めて女性と2人でデートした話です。

高校3年生の部活が終わった9月、私は初めて気になる女性とデートをしました。

当時の私は女子との会話などあまりなく、学校以外で女性に会うことはあまりない男でした。

もちろん「かっこよくなりたい」と思ってはいても、正直「まぁいいや」と思い、服装や人からの見られ方などあまり気にすることはありませんでした。

そんな時、ある隣の席になった女の子Aさんと仲良くなり、周りの後押しもあり、デートに行くことになりました。

私も気になっていたので、舞い上がっていましたが、ふと我に返り「デートなんてしたことない、どうしよう」と心配になりました。

デートプランを練りに練る

しかし、古い言い方かもしれませんが、なぜかプレイボーイと呼ばれる友達が多かったため、相談しデートプランを2週間かけ考えました。

「映画に行って、ご飯を食べて帰る。帰ったら、メールをして電話を少しする。そして次のデートの約束をする」

上記のようなプランを時間単位で決めて、頭に入れネットのコラムなどで

「こんな男性がモテる!」「これで気になる人ゲット!」みたいな記事を読み、デートに臨みました!

いざデート、でもAさんが・・

デートは計画通りに進みましたが、なぜだか、Aさんの反応が悪い。。。

「具合悪いの?」「映画面白くなかった?」と聞いてもそれが原因ではなかったみたいです。

デートが終わり、Aさんに連絡をしてもメールの文章があからさまにそっけなくなりました。

「なぜだろう?」私がそう思いながら、週明け、学校に登校しました。隣の席でデートに行ったAさんに話しかけても反応が悪く、気になりながらも1か月が過ぎ、あることが起きました。

それは、Aさんがほかの男と付き合ったのです。知り合いの男ですが、ものすごく地味で、女っ気のない男でした。

デートが不調に終わった原因とは!?

「なぜ、私ではなく、あんな地味な男を選んだんだ!?」と気になり、周り中の知り合いに聞いた結果、とてもショックなことを聞きました。

それは、

「お前の私服がダサくて、恥ずかしい思いしたんだよ!」とAさんは言っていたそうです。

それを聞いてから私の私服がものすごくダサいことが噂になっていることを知りました。

「あいつ、なんか英語がぎっしり入ったサーフ系の私服らしいよ」

「サイズ感あってなくて、一緒にいると恥かくらしいよ」

しばらくその噂は続き、高校では彼女は作れませんでした。

それから、私は一人で服は買わなくなり、自分以外の人に選んでもらうようになりました。

そんな高校生活も終わり、大学に入り、私服を選んでもらった甲斐があって彼女が出来ました。

昔のことなので、「おしゃれだね」「スーツ似合うね」など服をほめてもらった際にはタイミングを見計らってこのエピソードを話し、笑ってもらうことがありますが当時はものすごくショックでした。

高校の同窓会で一番言われるのが「よかったね。私服のセンスましになって」です。

今でも初デートの写真を持っているので、いろいろな人に見せますが、「センスいいね」「かっこいい」と言ってくれた人はいません。

なので、今でも私服はシンプルに、奇抜過ぎないことを気を付け、なるべく人に選んでもらうようにしています。

千葉県にお住まいの20代の会社員の男性の方からいただいた高校3年生の時の初デートの際のファッションの失敗のエピソードでした。
スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ビッグマウスの注目記事を受け取ろう

フラれる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビッグマウスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 男性選びは人柄重視に変更したから付き合ったけど昔の自分なら絶対一緒に歩けない!はじめてのお出かけでの夫の服装にがっかりしました

  • サーフィンをしている姿は素敵。でも初めてのデートでジャングルクルーズのお兄さんのような恰好で現れてドヤ顔の寒過ぎる彼

  • 地元ではかなりイケてると思っていましたが・・『井の中の蛙大海を知った』初めての東京遠征物語

  • 合コンで普段着のセンスの良い男性に一目惚れ。でも会社帰りのデートの待ち合わせに現れた彼のスーツ姿に愕然!!

  • 坊主頭にしてワイルドでスタイリッシュ!のつもりが田舎の野球部と笑われる~社会人になってからの髪型に悩んで~

  • 彼女は顔もスタイルもかなりイイ女なんだけど、ファッションセンスがダサいことが強烈な弱点なのだ。