1. TOP
  2. 終始悪天候だった夏休みの沖縄への家族旅行。子どもの絵日記は那覇空港での野宿が描かれていたw

終始悪天候だった夏休みの沖縄への家族旅行。子どもの絵日記は那覇空港での野宿が描かれていたw

沖縄 那覇

毎年8月に家族で沖縄に行く事が定番になった私たち家族。今から5年前に沖縄に行った話です。

それまでは年に一回行く事になっており、バカンスでゆっくりするのが目的でした。8月はピークシーズンでございますので、旅行代金も高い・・・LCCが主流になった今はまだ予算を抑えれらますが、ほんの昔は結構高かった・・・外国人もさほど多くなかったせいかホテルも高いイメージがありました。

その日は8月の終り頃で、夏休みが終わる間際ぐらいに行くことになりましたが、当時はまだ小学生だった子供を連れて夏休みの思い出にしようと思いました。

住んでいるところは大阪なので、行程は伊丹空港発の帰りは関空着でした。

さて、出発日が近づくにつれて、不安になってくるのは天気。この天気も雨だったらまだ許せるのですが、台風が来ているとなれば話が別。出発日に台風が直撃して欠航となれば旅行代金が返ってくるので、心の中では「台風のスピード早くならないかな」と思っていました。

しかし、今回はノロノロ・・・。出発日当日になり、空港に行くとカウンターに人が並ぶ並ぶ・・・ただでさえ狭い空港なのに人が多すぎると大変な事になります。パニックですね。

聞こえるのは「飛行機は跳ぶのか?!」「返金してくれるの?!」などの、問い合わせというよりはクレームのような言葉の数々。

まぁ消費者からすればそうなりますけど、カウンターの人に聞いてもしょうがいないです。決定権があるのが航空会社ですから結局カウンターの人は指示に従うだけですからねえ。

そんなこんなで、出発時刻が迫ってきて、無事飛ぶとのこと。あぁよかったと思ったのもつかの間。現地沖縄に着くと、すごい雨・・・。

そりゃそうですよね。台風が近づいているから・・・今回は3泊4日間であったので、この4日間の間に台風が抜けてくれるだろうと思っていたのですが、これがうまいこといかないんですね~。前述したようにノロノロ・・・なかなか台湾~沖縄の間を遅いスピードで行くんだから、この4日間の天気は雨、雨、雨のち曇り、大雨。全部雨です。

沖縄と言えばキレイな海・おいしい食べ物をはじめとしていろいろありますが、なんとまぁ満足いかない。

雨でキレイな海はどろんどろんに、食べ物屋は大混雑。子ども夏休みのいい思い出が作れないのは申し訳ないと思いながら、帰り支度をして帰路に・・・。4日目にレンタカーを返して、空港に行くと搭乗する便に「欠航」の文字が・・・・まじかと?!と思い確認すると、台風が沖縄に直撃して後続便も欠航とのこと。

その日は帰れないことがわかり、次は那覇市内のホテル探しから始まります。まぁうまいこといきませんね・・・ホテル取れませんでした。

しかもその日は8月31日で、次の日は仕事+学校とえらいことです。すぐに会社&学校に電話して、帰れませんと伝えました。

とりあえず、次の日の振り替え便を予約して、どうしたかというと、那覇空港で野宿・・・生まれて初めて野宿を経験しました。次の日に帰れましたが、この経験はもうしたくないです。

子供の夏休みの日記には空港で野宿しているのが、絵日記になっていたのが雄一の幸せの瞬間でした。今年は夏休みに行こうかどうしようか迷っています。

大阪にお住まいの30代の男性の方からいただいた、台風でさんざんな沖縄旅行となってしまったエピソードでした。
スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ビッグマウスの注目記事を受け取ろう

沖縄 那覇

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビッグマウスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 1,000円以上の高級コンビニワインwを飲み比べてみる

  • 心が離れつつあった恋人との別れが決定的になったストレス伊豆旅行

  • 金棒引き(かなぼうひき)とは

  • 「匂い」と「香り」の違いとは。そして「薫る」は?

  • 仕事をサボって平日の和歌山の静かな海へ!釣りバカ日帰りの逃避旅行

  • 年配サーファーとクラッシュ!板を陥没させてしまった。車泊のサーフィン小旅行をしていた頃のエピソード