1. TOP
  2. お洒落・ファッション
  3. 【女子目線】真冬以外いつでも短パンを履いている男性は残念!【女はそれを我慢できない!】

【女子目線】真冬以外いつでも短パンを履いている男性は残念!【女はそれを我慢できない!】

ダメ出し

私がその人のことを残念と思ったのは、20歳の時でした。

その時、学生だったのです。学生で同じ学部の人で残念と思う男性がいました。

その残念というのは、いつも短パンを履いているということです。

さすがに真冬は、トレパンのような格好ですが、春先になるといきなり短パンに変わっていました。

そんな風に一年中のほとんどを、短パンで過ごしているのです。夏はもちろんのこと、春や秋、初冬ですら短パンです。

イケメンで上半身のコーデはイイのだけど、なぜに短パン?

その男性は、イケメンだし上半身のコーデはいつもいいのです。

そのため、なぜ短パンにするのか、そのことについておかしいと思っていたのです。

それで、一度何故短パンが好きなのか聞いて見ました。

すると、動きやすいからと言うことでした。

しかも、短パンを履くためにエステでムダ毛処理をしているのです。

ということはつまり、完全に肢を意識しているということになりますね。足を見て欲しいということなのです。

確かにエステでムダ毛処理をしているので、とても美しいです。清潔感もあるので、その点ではいいと感じます。

しかし、何故いつも短パンなのかと神経を疑ってしまいます。

スポンサードリンク

短パンを除くとパーフェクトなのに・・・

その短パンというのは、短いものもあればある程度の膝までのものもあります。

そのため、必然的にそのスタイルはカジュアルとなっていることが多いです。

スニーカーもブランド品なので、その短パンであることを除くと全てパーフェクトと思えます。

ところが、その短パンスタイルで自分のことをかっこいいと思っている姿が、より痛いと感じます。

洋服がないので、短パンをいつも履いているということなら、それなりに分かるのです。

ところが、センスがあるのに、そこだけは何故短パンなのかと感じます。

多くの女性が嫌悪感を抱いていた事実

そしてそのことについて、多くの女性が嫌悪感を感じていました。

そのスタイルがよいと思っているところが嫌ですね。

多くの女性は、男性の短パン姿は嫌いと思います。そんな好きではありません。しかも、ひざ下であっても、短いパンツスタイルが嫌と言う、女性が多いと感じます。

短パンは、海でならまだ許すことができます。また部屋着としては、全く問題ありません。しかし、街着としてはどうかと思うのです。

街着としても堂々と履いている人もいますね。しかし、女性からすると好きなコーデではありません。そしてその時の私の周りの友人たちも、そのことについて大賛成をしていました。

機能的に動きやすいというのは、とても良いことですね。しかし見た目が痛い、見る時に困ってしまう、そのアンバランスさが嫌と思ってしまうのです。

一緒にいると、別に問題はありません。しかし、彼となると一緒に歩きたくありません。少し恥ずかしい、そんな気持ちになってしまいます。

男性だって、女性が短パンを街着として履いていると、少し恥ずかしいと思うこともあるでしょう。その時、女性はエレガンススタイルを作ることもできるので、まだいいと感じます。しかし、男性の場合は、短パンは海で着るもの、部屋着として使うモノ以外は、考えられません。

香川県にお住いの現在事務職をしている40歳の女性からいただいた、学生時代に年中短パンを履いていた同級生のエピソードでした。

しかし、まあ考えてみると「半ズボン」って子供が履くものでしたから、この女性の仰っていることはたしかにその通りかもしれません。いい大人の男が半ズボンをいつも履いていたら嫌悪感を抱く女性も少なくないことを知っておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ビッグマウスの注目記事を受け取ろう

ダメ出し

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビッグマウスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ハードロッカーにはなれなかった私の体験談

  • 外国ブランドのMサイズのシャツをネットで注文した結果、身長173cmではダブダブだった

  • 二十代前半までセンスがなかった自分・・当時を思い出すと薄ら寒くなってくるほど恥ずかしくなります

  • レースのスカートが透けてお尻が見えるクラスメートの女子。男の自分が注意するべきかしないべきかそれが問題だ。

  • 久しぶりのデートだったのに、彼氏の服装が田舎者丸出しでガッカリ・・

  • スーツの着こなしを知らないのに紳士服でバイトを始めた大学生の頃のエピソード