1. TOP
  2. 別れた主人のファッションセンスが激変!インテリ系に変貌したその理由って何!?

別れた主人のファッションセンスが激変!インテリ系に変貌したその理由って何!?

離婚

昨年、別れた主人についての話です。離婚して1年が経ちます。

別れた主人は、結婚している時のファッションは、
サーフ系のブランドを着用していてどちらかとゆうとB系に近い格好でした。

離婚してから直ぐの時は、食事に行ったりしていました。

離婚してから元主人のファッションセンスに変化が

離婚してからです。主人のファッションセンスが変わっていたのです。

はっきり言って主人は、太っていました。

顔は丸く首とアゴの境い目がない感じです。

そんな主人と久々に夕飯に出かけた時です。

私と娘を迎えにきてくれました。

すると主人の格好は、スキニパンツを履いてジャケット羽織っていました。

細身の人がピッチリしたパンツを履くなら分かりますが、、ジャケットもピッタリとた線の細めのジャケットを来ていました。

娘は食事中とゆうのに隣にいる私にLINEを送ってきてお父さんの格好がおかしいとひっきりなしにLINEを送ってくるのです。

私はバレないか気が気ではありませんでした。

元主人のファッションセンスが変わったのはなぜ?

食事が終わり帰る時に娘が主人に「その格好と頭どうしたの」と聞いたのです。

確かに髪型もツーブロックにして七三分けをしていました。

恐らく、本人はインテリ風をイメージした格好だったのだと思いますが、前の格好に見慣れていたせいもあるのかおかしいのです。

目は少し悪いのは分かっていましたがメガネを掛けるほどではありませんでした。

ところがメガネまで掛けていたのです。

主人は、いいだろうと恥じらいもなく私達に自信ありげに言ってきました。

私は最初、無言でしたが、娘は「おかしい」とハッキリ言ったのです。

私もそれにつられて細身の人が着れば絵になるけどおかしいよ、そして髪型も丸顔にはあわないよ、と言ったら、少しイラッとしたのか「オシャレを知らない奴はこれだから」と逆に私達を馬鹿にしたのです。

娘も負けじと「オシャレって自分に似合うものを着こなさないとダサいよね」と言ったら、そこにお店の店員さんがきてクスッと笑いました。

主人はとても恥ずかしかったのでしょう。その後、しばらく夕飯の誘いもありませんでした。

久しぶりに食事をした時に主人が!

結婚している時はお小遣い制でしたので買いたい服も少なからず我慢していたのだと思います。

離婚してからは、お給料が全部自分のもので買いたいものが買えるようになり、自分磨きとファッションの路線も変えてみたのだと思います。

4ヵ月程連絡も取っていませんでしたが、先日、主人に誘われて夕飯を食べに行きました。

とても痩せていてビックリしました。

よほど娘に言われたのがショックだったのだと思います。

それと彼女ができたようです。

彼女は、とてもスレンダーで綺麗な女性のようで似合う男になるために頑張ったのでしょう。

とても誇らしげにスキニパンツのウエスト周りのゆとりを見せてきました。

私と娘は、苦笑いでした。

何故なら痩せてもインテリ系のファッションが似合っていないからです。

前の格好に見慣れているせいかもしれませんがどうしても雑誌やカタログ、そのままなのです。何のアレンジもないのです。

主人とは離婚もしていますし、本人がそれで満足しているのならいいと思いました。

きっと彼女もそんな主人を好きになったのでしょうから私達、親子は何も言わないようにしました。

福島県にお住まいで現在、就職活動中の40代のS子さんよりいただいた、昨年別れた元夫のファッションセンスが大きく変わったというエピソードでした。

それにしてもこの元ご主人、数ヶ月後にはしっかりとダイエットを成功させて痩せたボディで元奥さんと娘と再会してみせるところは、男のガッツを見せつけたなあと感心します(^o^)

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ビッグマウスの注目記事を受け取ろう

離婚

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビッグマウスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 微妙・絶妙?パンツの丈は感覚の問題か?

  • 磨けば光るはずのイケメン彼の衝撃ファッション。

  • 「男性の独特なファションには引きます」~顔よし仕事エリート家柄よし長男じゃない性格よしの男でも女にフラれた理由

  • 久しぶりのデートだったのに、彼氏の服装が田舎者丸出しでガッカリ・・

  • ハードロッカーにはなれなかった私の体験談

  • 高校時代の残念過ぎるファッション~若気の至りと言うにはあまりに痛すぎる黒歴史~